鳩撃退をしなくちゃいけない理由~糞害を放置しない~

糞害を拡大させない~鳩撃退の重要性~ 糞害を拡大させない~鳩撃退の重要性~

糞害がもたらす病気とは~健康を守るために鳩撃退~

鳩による糞害が原因でアレルギーや病気を発症するケースは少なくありません。糞害を受けているのにも関わらず放置してしまうと、どのような事が起きてしまうのでしょうか。ここでは、発症原因やどういった病気を発症するのかみていきましょう。

鳩の糞害が原因でなる病気

過敏性肺炎
過敏性肺炎は、カビや有機物など色々なアレルゲンを吸い込むことで引き起こしてしまう病気になります。この病気を発症してしまうと、咳や呼吸困難、チアノーゼ、胸痛、寒気、発熱など全身に症状が現れます。また、この症状が消えても繰り返してしまうので、糞を片付けても症状が消えるまで数日かかってしまうのです。
気管支喘息
鳩の糞だけじゃなく、羽にはダニやシラミが寄生しており、喘息を引き起こしてしまうアレルギー症状です。喘息は気管支が炎症、空気が通る道が狭くなる、呼吸する際に「ぜーぜー」音がなる特徴があります。この発作が酷くなると、咳が酷くなるだけじゃなく呼吸困難に陥ってしまいます。実際に喘息が悪化してしまい、死亡したケースもあったようです。

その他の病気

鳩の糞害によって引き起こしてしまう病気は、トキソプラズマ症やクリプトコッカス症、ヒストプラズマ症、オウム病を発症してしまう危険性があります。こういった病気を発症させないためにも、糞害を受けているなら鳩撃退してくれる業者に相談することが大切です。

鳩の糞は危険

手

糞害を放置してしまうことで、様々な病気やアレルギーを発症してしまい、健康被害を受けてしまいます。発症しないためにも、ベランダに訪れる鳩を駆除しておいた方が良いと言えます。また、子どもがいる家庭はできるだけ早めに鳩撃退するようにしておきましょう。

TOPボタン